桜森ラン子
  • Author:桜森ラン子
  • age:25
    大阪在住
  • RSS
Road movie
そんなあたしのヴィジョンを道連れにして
プロフィール

桜森ラン子

Author:桜森ラン子
age:25
大阪在住


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


Push☆Blog Ranking

FC2 Blog Ranking


Welcome


Month

09 ≪│2011/10│≫ 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


今日の運勢


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日
今日はほんっとうに久しぶりすぎる
休みでした!!
朝ちょっと荷物だしに事務所行ったけど
12時には出て
お出かけ。


お母さんと妹が山口県から大阪へ来ました。
私の保険料と年金の手続きに(笑)
一緒に区役所とかをまわったのが大部分・・・
もっと色々まわりたかったけど
事務手続きの後なんばパークスで
お好み焼きを食べて
3時ころには帰って行きました。
はやっ



妹に山田君の良さを伝え続け
売ろうと思っていた小説を
あげました。


お母さんと妹を見送ったら
マルイでぶらぶら。
なんせ私は休みなのだ。
自由だ

自由!!


かばんが壊れていたので
新しい鞄を買った。
大きいけどなかなかいいのがあった♪



早速カフェでかばんの中身を入れ替え。



途中カワチで色見本を探したけど
いいのがなかった・・・
なんでもあるんじゃないのかよ
せっかく時間あったから寄ったのにー



次はいよいよ行くのを心待ちにしていた
美容院。
3カ月も行けてなかった。。。



ちょっとのばそうと思って
のばせるように切ってもらった。
一番やってもらいたかったのは
プリン化した髪をカラーしたかったので
よかった。
今回は本当ーに色を抜いて赤みを入れないで
クールな感じにしようということになった。



担当のお姉さんはいい人です。
何も決めていかなくてもお勧めしてくれて
いつも「じゃそれで」と言ったらOK。
しかも美人でかわいいのでうれしい。



美容院にはマンガがいっぱいあって
今読んでるのは「ちはやふる」
百人一首の少女マンガ
めちゃ面白い
一生懸命真剣にやってる姿と友情に
涙ぐむ・・・



ということで休みの一日が終わりました。
満足。
次からも休みはちゃんと休むように
がんばろう。



本当にやりたいこと
どうしたいか
どうしていくのか
自分で決めて
私は今の仕事をやめようと思う




そうきっぱり言って
何言われても動かないで
押し通せたら
そこがやめれるときだ



年内か春までに



次のスタートを切りたい



違う道を歩いてみたい
解放されたい
自分からやりたいことをやろうと思える仕事を
やりたい
それがどういうものか私にはまだ残念ながら
ちょっとしか分からない



今までも何回か自分でやろうと決めて
工夫して目標に向けて頑張った仕事があった
それはすごく楽しかった
時間がかかっても準備を怠らなかったし
結果が出たらものすごい嬉しかった


そればっかりっていうのは贅沢だろうし
したくないことだってしないといけないのも
仕事だと思う
でもそれは「そのために」だからでしょ
私には今何も目指すものがない




違うものを見たい



本も映画も音楽も大好きだから
もっとそれに費やす時間もほしい



福岡に住みたいなぁ



ということで
とりあえず
部屋の掃除をしよう!




スポンサーサイト
風は強く吹いている
最近よく食べてしまうなぁ
27日までイベントがない!
休みをつぶしちゃうけどここで盛り返せば
本当の休みが手に入る。
っていうかなんでそこまでしないといけないかって
思うけど。。。



26日はお母さんと妹が来るので
休みたい。
3か月も美容院行ってないから行きたい!
買い物したい
本読みたい
DVD見たい
ひきこもりでいいから
自分のしたいことしたい



そういう生活がしたいなぁ
仕事も一生懸命やりたいけど
こんな時間とられたくないよ



やっぱりマネージャーはもう勘弁してほしい
私も悪いけど
もう信頼できない
私がイライラするっていうのはよほどのことだと思う
殺意さえ芽生える
すごい人に出逢ったと思っていたのに
ある意味すごい人だったわ



あまり考えると今が無駄に思えてくるので
無視




この前久しぶりにDVD見た。
朝5時まで見たから寝坊した。。。



「風は強く吹いている」
の映画。

私がいちばん今までに面白い!と思った小説が原作。
映画のCMとかでなんとなく箱根駅伝の物語なんだなぁと
主役は小出恵介くんかぁと知っていて
本屋さんで見つけたから読んでみたのがきっかけ。


もーめっちゃ面白い
素晴らしい
1人1人のキャラクターがきちんとしていて味がある
特に主役のハイジくん(小出恵介)
想いもあるし、信念もあるし、でも詐欺師みたいにみんなを
半ばだまして箱根駅伝に出させるっていう。
出るまでの周到な準備もすごいし(3年間ご飯作って体調管理していた)
みんなに恩を売りまくっていたし。



素人同然の陸上部員10人ぽっきりで箱根を目指す物語。
それは1人の新入生がきて10人そろってから始まる。
ハイジくんは3年間待っていた理想の走りをする男の子を見つけるのだ。
自分が「走り」とはどういうものか知るために。
以前システマチックに陸上をしていて膝を故障してしまった分
今度は本当に走るということに向き合って
みんなと一緒に走る。



映画も本当によかった。
ハイジくんは小出恵介くんにぴったり!!!
素晴らしい!
小出君の演技よかった!
リーダーぽいし、声が太いというかちゃんとしていて
説得力があるように聞こえてそれが
ハイジくんのしっかりした想いを乗せていた。
かっこいいし♪



小説の1人1人細かく書いてあるところは
やっぱり映画では表現しきれなくって
5区山登りの神童くんの場面もう少し忠実にやってほしかった
けど
原作にはない部分もあってそれはそれで
映画としてわかりやすくてよかったと思った。


最後ハイジくんは膝が痛くなって
でもタイムを縮めないとシード権がとれないってところで
相当痛みと戦って走りぬくんだけど
しかもゴール直前骨がぴきっと折れてしまい
選手生命が絶たれることになる。
(それを承知で箱根に賭けて走った)


映画ではもう最後走れなくなってとまってしまう。
最後はだいぶびっこをひいて
何度も転んで
でも笑顔でゴール。
というビジュアル的に感動的な感じにしてあった。
ストップしてしまったりしたからもうシード権は
映画ではとれなかったことにするのかなと思ったら

2秒差でとれたことになっていた。


ちょっと無理があるような気がしたけど(笑)



でもよかった
こういう映画がもっとあればいいのに
こういう小説がもっとあればいいのに



最近パソコンで山田孝之君がバラエティーに出てるのを
見ます。
テレビでは本当に無口というか
苦手そう・・・
ほんまにそうなんかなっていうくらいに



でもそれが演技となったら
すばらしいんだから本当すごいなぁ
衝撃的って言ってもいい
表情がすごい
声もすごい
なんでも形にしてくれる感じ
現わしてくれる感じ



やっぱり
芹沢多摩雄が一番かなぁ
白夜行も傑作
イキガミも最高


次「ロングラブレター漂流教室」ドラマ見返そうかなと思ってる
ちらちら見てたけど
あれ怖い話やったから全部は見てなくって
でも山田君出てたぞ
ランチの女王も見たい
思い返せばいい味出してたという感じでしか見てないから
今度はしっかり山田君のシーンをよく見たい



あとは「アンティーク」のドラマも見たい
傑作です
なぜなら音楽が全部ミスチルだから♪
あんなドラマはないです
そしてそれ思いついた人天才です。
私のためのドラマか?ていう感じです




でもミスチルをすごい好きになる前にやってたドラマで
でもすっごいイキだなぁと思ってた
使い方もすごいよくて
イントロの部分をうまく使ってコミカルな雰囲気を出していたり
ファンにとっては次なんだろうってたまらなく楽しみだっただろうし
まだあまり曲知らなかった私でさえそうだったし
本当によかった



ミスチルを好きになってからほとんど全曲聴いて
「あ、これあのドラマのこの部分で流れてた」みたいな
感じの発見も楽しくて
再度すごいなぁと感心した。



そしてそういう使い方をできるくらい
部分的にも形をしっかりなしている音楽を作っている
ミスチルがすごいと思った。



「友とコーヒーと嘘と胃袋」のイントロだけで
すごい表現ができる
「雨のち晴れ」も
いろんな音を使ってどの角度からでも
オールラウンド系(どこから見ても同じ形のフラワーアレンジメント)みたいに
隙がない




世の中にはすばらしいことがたくさんあるなぁ


私はそれだけでうれしい


そういうのをもっといっぱい感じて
いつかは自分で作り出せるようになりたいな
わかっていたい



これからも期待☆
天才
ちょーどいい季節ですね
暑くもなく寒くもなく
オシャレも自由にできる感じ。
寒くなったら防寒第一だから。



ということで今日もニットを買ってしまった。
徐々に冬服をそろえています。
夏は首に何もまけないので幸うすい感じでしたが
秋からはほぼストールをまいてガード。
年をとるごとにスタイルがよいではなく
みすぼらしい感じが。。。


まぁいいけど



探偵はバーにいるシリーズを読み漁ってましたが
何冊目からか
主人公が28歳からいきなり40代になっていて
オッサンになっていて
山田孝之君を想像できなくなり
ちょっとテンションが下がったのもあり


アーティストさんから違う本を借りたのもあり
寄り道しました


「スロウハイツの神様」辻村深月
かなり面白かった
吉田修一の「パレード」みたいだった。
映画のキャストをこの本にも当てはめてみたらぴったり。
香里奈と藤原竜也と貫地谷しほりと小出恵介くんと総出で。
ストーリーはこっちんが面白かった。
伏線が最後きれいに回収され
「そういうことだったのか」とすっきり。
その上真実を知ったときには感動した。
想いあふれるゆえのやさしさがせつなく感じとれた。



でまた
今日探偵シリーズを買った。
1冊どうしても本屋探しまわっても見つからないので
ちょっと飛ばして次のやつをかった。



そしたら主人公が49歳になっていた(泣)
本の中でも主人公は年をとったことをかなり嘆いている。
でも28歳のときも「俺も歳とったな」て言ってたよ
そういう思いに偏りすぎると損するよ
今回は寺島進さんで当てはめよう



という感じの読書生活ですが、


今やっぱり山田孝之くんにハマり中!!!


彼は天才です。



今まで私が天才だと思ったのは
桜井さん、サザンの桑田さん、吉田美和とかですが
もちろん山田君もそうです。



相変わらず映画やドラマに出まくっていて
きっといろんな監督さんたちにひっぱりだこなんだろう。
だってどんな役させてもツボに入る演技をしてくれる。
表情がきめこまやか。
声がよい!
すばらしい。



「勇者ヨシヒコと魔王の城」という深夜ドラマがあったそうな。
かなりこれ面白い話。
まだ見てないけどウィキペディアで調べてみたら
史上最強に面白そう&私のタイプ。
その面白さを最大に面白く表現できる人なのだ。
楽しみー



YouTubeで山田君の動画をひまさえあれば見ています。
昔のさわやかアンニュイ青年の頃は
表情が何ともいえずよいです。
そして今のワイルドな感じはかっこいい。
変な役も時代劇もコメディもこなしてて


「13人の刺客」では
三池監督と役所さんとどっかの映画祭に行って
3人で笑って写真に写っているのを見て
こんなに若いのにもう世界の舞台を踏んでいて
これからが本当に楽しみだなぁと思った。


もっともっと注目されていくよ
日本を代表する俳優さんになります。



私の大好きな「のぼうの城」の映画にも出るんだよ
残念ながらのぼう様チームじゃなくって
石田三成チームの武将役だけどさ。
だからこそ楽しみでもある。


主役じゃない方が多いけど
主役を食います
いい意味で。



「クローズゼロ」を初めて見たときも
そう思った。
小栗旬もめちゃよかったけど
目が奪われて離せなかったのは山田君でした。
もっともっと山田君の芹沢多摩雄が見たいと思った。



「白夜行」は若いのにまぁあんな役をよくこなして
すごいなぁと思った。さすが。
難しい感情も伝わってきた。
「今こう思ってるんだ。この人は」って泣き方で分かった。
ただ泣いてるんじゃなくてその理由と思いが分かる。
そんなのなかなかない。
そしてそれは心に残ります。



山田君にハマる前まだ名前も覚えてない頃にも
「ランチの女王」に出ていて
ちょい役なんだけどいい味出してるなぁと思ってたそういえば。
さすがだ。

あと「ちゅらさん」のえりぃの弟役もやってて
この弟いい感じだなぁと思ってたそういえば。
さすが!


という感じで彼の魅力はまだまだとまらないです。


作品を見る時間がなかなかないけど
全部見るぞ


私の生きる上での楽しみを与えてくれてありがとう
ミスチルと同じです。



映画見る時間ができるように
仕事がんばろうー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。