桜森ラン子
  • Author:桜森ラン子
  • age:25
    大阪在住
  • RSS
Road movie
そんなあたしのヴィジョンを道連れにして
プロフィール

桜森ラン子

Author:桜森ラン子
age:25
大阪在住


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


Push☆Blog Ranking

FC2 Blog Ranking


Welcome


Month

02 ≪│2011/03│≫ 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


今日の運勢


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事務所で1人仕事中。
早く帰れるかも。
休みだしほんとうは。


YouTubeで音楽を聴きながら
ひたすらパソコン仕事。

ミスチルはもちろん、
ap bank fesのコラボとか
(ASKAとの「はじまりはいつも雨」が最高)
サザンとか
ドリカムとか
大黒摩季とか
SMAPとか
そういう懐かしい歌を聴いてる。


SMAPは小学校の時に好きで、
中居くんのファンだった(笑)
テレビで毎日見てたなぁ
切り抜きも集めてたし(笑)


曲はでもいい曲意外とあるんだよ。
アルバムとか今でもいいなと思う曲がある。
「Go Now!」とか
「Major」とか
「オレンジ」とか。
癒されるというか、やさしい歌なのです。


大黒摩季は初めて好きになった歌手の人。
小学校の時「スラムダンク」を見ていて
エンディングの「あなただけ見つめてる」を聴いて
衝撃だった(笑)
「なんだこのカッコいい曲は!」と
本当にこんな曲作り出せる人がいるんだと本当に感心した。
声もかっこよくてよどみがなくて好きだった。


途中から声が枯れてしまったのか
ちょっとボリューミーじゃなくなったけど
今聞いても本当にいい曲ばかり。



サザンは「汚れた台所」を聴いたときに
天才だと思った。
究極にかっこいい。



音楽に乗って思い出もよみがえるね
聴き続けずにはいられないくらいの
癖になる名曲がこの先も生まれてほしい。



桜がちらほら咲いている。
実感ないなぁ
と思ってるうちに
すぐ散るのに。


もっと思いに浸りたい。





楽しく


生きたい。




今 を無駄じゃなかったと思えるように。



二度とたどれない道を
一瞬しか出会えない「今」を
通り過ぎるだけじゃもったいない。



いろんなものと一緒に
もっともっと
重いものを背負って
歩いていきたい。
何も置いて行きたくない。







おもいます。

スポンサーサイト
再生
まさか「震災」になると思ってなかった。
その日私は百貨店のイベントに入っていて、

「なんかゆれてる・・・?」というアーティストさんの
言葉でかすかに揺れてるのを感じた。
めまいが起きてるような感覚で、
結構長く揺れていた。
このまま大地震がくるような気もしてちょっと怖くなったけど
大阪はそれだけだった。


そのあとすぐマネージャーからみんなにメールが。
東北で大地震。
でもこんなひどいとは思ってなかった。


映画で見るようなまるで別世界のようで
同じ日本で起きてることなのか信じられなかった。
津波。
すごい力で家が流されていた。
あの中に人もいたのかと思うとどうしようもなかった。



いつも「お母さんお父さんがもしそうなったら」と
考えただけで気が狂いそうになるのに
そんな気持ちになる人がテレビにたくさん映っている。



テレビのアナウンサーと枝野官房長官の顔が
日に日にてかりだし、やつれていった。



日本てすごいなと思った。誇りたいと思った。
略奪がなかったこと。
助け合おうとしていること。
救うために自分の力を精いっぱい使おうとしていること。
できることからほんの小さなことでもひとりひとりが心がけて
それが莫大な一番大きい力となっていること。


再生しますように。



本を読むのがたまらなく楽しくなってきた。
いつも寝る時間を削ってしまう。
移動時間も常に読書。



吉田修一さんがすごい。
「悪人」と「パレード」を読んだけど
日常にある起こりうるけど一番ひどい物語をえがく。


「すきま」産業。


という言葉がぴったり。


現実の「当たり前」の生活の中の
ほんの隙間に存在する悪であったり、
歯車がまわってそこにいきついてしまったり
誰もが「自分には縁遠い話」と思うけど
実は誰もに「起こりうる」話。
そんな隙間をつついている。
すごいわ。


今本を読んだらネットで
「読書メーター」というサイトがあって
そこに読んだ本を登録していっている。
今まで何冊読んだか、1日平均何ページ読んだかとか
データを残していける。
増えるごとに嬉しくなるので私にぴったりのサイト。
読む気が増える。


そのサイトに登録している人が書いた本の感想も
面白い。
自分とは違う視点の人もいるし、
同じ意見の人もいる。
自分の感想を残せば活字にすることで
改めて自分が感じたことを実感できる。


実になるか分からないけど、無駄にはならない。
見えないところで確実に何か変わっているんだろう。
それが楽しみでもある。
偏屈な本も好きだから偏屈になっちゃうかもしれないけど(笑)



面白い本に出会いたい。



福岡か埼玉に行きたい。


寝たい・・・


ねまーす。

かっこいい人たち
昨日はお休みでした。
買い物行きたかったけど
結局3時ごろまで寝てしまった・・・
めちゃ寝るなぁ
夜もそれでも寝れる。


お正月も自分で驚くほど寝たし。
すごいわ。
でも幸せ。



起きてから出かけようと思えば出かけれたけど
ユーチューブで
「クローズゼロ」を見てしまった。
1と2を殴り合いシーンを中心に(笑)


かっこいい。
かっこよすぎる。
何回見てもかっこいい。


山田孝之君の芹沢多摩雄。
最高。
初めてクローズを見たとき、冒頭シーンで
バイクを飛ばして高校に来て
小栗旬の滝谷源治と会って
「お前が芹沢多摩雄?」と言われた時の


「そうそう」


というセリフで
「主役を食った!主役よりかっこいい」と
思ってしまい
ハマった。



トビゲリがかっこよすぎて気持ち良かった~



2では、体がもっと大きくごつくなった芹沢。
髪も伸びて1の方がよかったなと思ったけど
多摩雄の良さが2ではもっと出る。
友達想いのところ。
ついに源治を大将と認めて単身敵の高校に乗り込んだ源治のために
芹沢軍団を引き連れて登場。
めっちゃかっこいい。


ぼそっとしゃべるあの声がたまらない。
源治と認め合った後の二人の感じがいい。



でも、やっぱり小栗旬もかっこいい。
なぜか電車男とか花より団子とか
花ざかりの君たちへとか
アイドルっぽい人が出そうな役でも出てるのがもったいなく感じるけど
この滝谷源治はちょーよかった。
色っぽいし。



初監督した「シュアリーサムディ」も見ようと思った。
小出君出てるし。
きっと小栗旬にはもっと深い顔があって
もっとそういう役をやってるところを見たい。



イケメン俳優たちの活躍が目立ちますが、
本当にハマるくらい表情や仕草がかっこいい。
熱心にお芝居やってるんだろうなぁと思う。
男の人が本気で何かやってるのってやっぱり
すごい力があってかなわないなと思う。
かっこいいと思う。


本も、偏見かもしれないけど
男性作家の方が好き。
渾身こめて書いた作品は胸を打つ。
ハマっちゃうんだよね。



女性の男性への負け惜しみみたいな卑下した想いや
女性特有の甘えじゃないけどそういうのが
どうしても女性作家には見えてしまうような気がする。
そういう本しか読んでこなかったのかもしれないけど、
でもたとえそういうのが全くなかったとしても
かなわないなと思う。
負けてるとかじゃなくて。
しかもそれは私個人の好みだけれど。



もちろん女性にしか表現できないことがある。
素敵な人もいっぱいいる。



もっとそういうの感じたり、見て吸収したりしたい。
それが何になるのかはどうでもよくて
ただより多くのものを見て聴いて感じたいと思う。
音楽も。



音楽はミスチルしか聴いてないけど(笑)
事務所でウルフルズを聴いたり
他のスタッフが好きな音楽を聴いたりして
他にもいろんないい曲があるんだと思う。
自分ではミスチルしか聴かないけど(笑)


あとはK-106というインディーズの
インストゥルメンタル(?)バンドが好きだ。
イベントでショッピングセンターの周年イベントに出たときに
ライブに出演していてはまった人たち。


普通のバンドの楽器にサックスとかトロンボーンとかいて
歌詞なしのめちゃかっこいい音楽を鳴らす。
テーマは「ファンキー」。
音楽がとにかくかっこいい。



しかもメンバーの人とお話したりしたので
より好きに。
この前ミクシィでもメッセージを交換したりして
距離がとっても近いのでよいです。
ライブ行ったことないから行きたい。




そういう好きなものに囲まれて生活したい。
もっともっと知って
いつかはちょっとでも表現できるようになれたらなぁ
もっとうまく伝えられるようになれたらな
と思う。



明日も早くからお仕事だー!
小出くん
3年前くらいのドラマ「おいしいプロポーズ」を
やっと見終わった。

小出恵介くんちょーかっこいい!
キュンキュンしちゃった。


今はルーキーズとか「風は強く吹いている」とか
学生の役が目立っていたけど
これは立派な大人の役で、
飲食業の会社の常務。
でも若い。


はせきょんがイタリアンレストランのシェフで、
そのお店の新しいオーナーになるのが小出君。
新しいチェーン店展開の事業を任されて
ハセキョンのお店を潰そうと最初はやってくるけど、
最初の出会いは二人は最悪なんだけど、


だんだん仲良くなっていく二人が楽しい♪


からかったり、喧嘩したり、友達みたいに楽しかったり。



表情がくるくるしててかわいいんだなぁー
分かっててやってたら天才だよ。


でも男らしいところもあって
ちゃんと言うし、ちゃんとしてるんだよなぁ
そこがまたいい!


あー、いいなぁ小出君。
友達になりたい(笑)


ふとした表情や仕草がグッとくる人って好き。
惹きこまれるなぁ
山田孝之くんとかもそう!
すごいよなぁ
最近そういう俳優さんが多いからいいね。
しかもみんな若いのにね。



いやぁほんま小出くんカッコいいわ。
同じ学年だよ。
早く他の映画も見たい!
「風が強く吹いている」は本だけでもかなり大好きだけど
そのうち最もかっこいい清瀬ハイジ役を小出君が!
ぴったりだなぁ



楽しみっていったらそんな感じで。。。
明日一応休みになった。
寝よう。
買い物いけるかな。
カフェでまったりしたい。
本買いたい。
ちょっとだけでもいいから何もかも忘れて
ゆっくりしたい。



仕事になったら油断しないで(笑)
ぴゃっとやって
休みはゆっくりだらだらだらだらしたい。



花見したいなー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。