桜森ラン子
  • Author:桜森ラン子
  • age:25
    大阪在住
  • RSS
Road movie
そんなあたしのヴィジョンを道連れにして
プロフィール

桜森ラン子

Author:桜森ラン子
age:25
大阪在住


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


Push☆Blog Ranking

FC2 Blog Ranking


Welcome


Month

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


今日の運勢


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決意
3月4日、妹が結婚式をした。
入籍はもう11月22日(いい夫婦の日)にしてたけど。


休みをもらって実家に帰った。
次の日朝5時半に起きて
お母さんに着物を着せてもらった。
(振袖じゃなくって訪問着!)


車で向かう途中すでに締め付けた帯で
肋骨が痛くなっていたが我慢(笑)


会場についてしばらくしてお母さんと妹に会いに行った。
狭い控室でドレスを広げて妹が座っていた。
かわいいドレスにいつもはしない派手な化粧で、
幸せそうに笑ってた。


おばあちゃんやおじさんたち、
今回は10年以上ぶりに会うお父さんのいとこ家族も来てくれた。
私はそのお兄ちゃん(もう45だけど)に会うのも楽しみで
会った瞬間全然若いころと変わってなくて
奥さんも当時から知ってたけど全然変わってなくて
子供だけがめちゃ大きくなってた(笑)
しばらく懐かしい話が続いて楽しかった。
1つだけお兄ちゃんてこんな背低かったっけていうくらい低かった(笑)
あの頃は私が子供で大人は大きく見えてたんだなぁ



妹は大学時代から付き合っていた子と結婚した。
最初はとられたような思いで彼氏のことを嫌いになったりしたけど
会えばなかなかさわやかまじめな好青年で応援したくなった。
ミスチルのライブにも誘って行ったこともあった。
2人が6年くらい付き合って結婚までできて本当によかった。
私の妹がそんな幸せな道を歩んでくれて本当にうれしかった。



式では思ったより泣かなかったけど
披露宴ではところどころ泣いてしまった。


お色直しの時に司会の人が
「ここでお姉さんと妹さんにエスコートしていただきます」と
急に言い出して
何も聞いてなかった私は料理をほうばっていたので狼狽した(汗
(しかも事前になんかすることないんかって妹に確認して、
 何もないからお客様気分でいいって言われてたのに!)


しぶしぶ妹(3女。結婚したのは2女)と2人で前に出ると
司会の人にコメントを要求され
コメント中にこらえきれずに泣いてしまった。。。


3人で手をつないで会場を出た。
もしかしたら3人で手をつないで歩いたことなんて
何回もなかったと思う。小さい頃でさえも。
よく喧嘩もしたけど私にとっては何よりも大事な妹たちで
頼りない姉だし何もしてあげれなかったけど
でも思う気持ちはだれよりも強いと思うほどで
だからうれしかった。
そして何よりもうちの家族全員が家族に対して
そう思っているのが分かる。
それがうれしかった。


出るときお父さんが私の肩を叩いてくれた。
1人嫁いで行っても私の家族はずっと家族で
最高の家族だと思った。



旦那さんの方も妹の方もいっぱい友達が来てくれていて
私も知っている妹の中学や高校時代の子と話して楽しかった。
中でも中学の時の子たちはまだ結婚してなかったから
変に同士の気持ちが生まれて(笑)盛り上がってしまった。
高校の時バスケ部だった顧問の先生も来てくれてスピーチもしてくれた。



こんなに年月がたっても結婚式に賭けつけてくれて
こんなに多くの人にお祝いされる2人であってくれて
それが何よりもうれしかった。
今まで妹たちがそれだけ仲間や友達を作って楽しく
道を歩んできたんだってことが本当によかったと思った。



スライドや2人の馴れ初めなどいろいろ見たけど
私にも知らないことがたくさんあって(そりゃそうなんだけど)
ちゃんと大人としてやってきたんだなぁと感心した。
小さい時は泣き虫で私の後をくっついてきてたのに。



ということで本当によかった1日でした。
私もがんばろう(笑)
次こそは!
また妹に抜かれないようにしなければ。。。



そしてお母さんとお父さんと決めたこと。



今の仕事をやめる。



もう正直限界。
信用できない。
仕事量もこなせない。
やる気も全くない。
私には何も意味がない。無駄な時間だけ。



というのもあるし
4月からお父さんが大阪に単身赴任になりました。
この年で・・・とお父さんはテンションがた落ちでしたが
逆にお母さんが1人で山口に残るので
私に帰ってきてほしいとのことでした。
まぁお父さんもお母さんも私のことを心配して
もうやめろと言ってくれています。



ちゃんとやめれるのかどうか心配だけど
もう続けられるもんじゃないので
やめる。



折を見てマネージャーに伝えて
どんな引き留めにも答えずやめる。
引き継ぎや今までやってきた仕事に対して
申し訳なく思うけど
私の人生を犠牲にはしたくないので。



実家に帰ってお母さんと生活しながら
やりたい勉強をやろうと思う。
まず生活をきちんと直そう。
落ち着いたら福岡や旅行に色々行きたいな。
今までやりたくてもできなかったことひとつひとつやりたい。



あとは来る4月14日、
ミスチルのライブに行けることになったぞー!!


ファンクラブのチケット抽選で初めて落っこちて
茫然自失となりながらも
すぐキョードー大阪の会員チケット抽選に申し込み
半ばあきらめかけていましたが
これが当たっていました!!


やっぱり行ける運命だったんだ!



昨年SENSEのライブツアーに行けなかった分の
恨みを晴らそう。
10年ぶりのベストアルバムの記念すべき20周年の
ライブに行けるなんて
生きててよかった~

逆にライブまで健康にしていなければ。



楽しみだなぁ
っていうかアルバム出る前のライブなんだよな。。。
アルバムに何が入るのかめちゃくちゃ楽しみ。
シングルだけじゃなくってアルバムからも曲が入っていた
前回のベストのように
モンスター級のアルバムに間違いない!



桜井さん今日お誕生日おめでとう。



これからもずっと音楽を鳴らし続けてほしい。
名曲を生んでほしいと思ったけど
違くって
鳴らした音楽が後から個人個人の中で名曲になる
っていうのが
ミスチルの音楽です。



4月14日、期待しています。

スポンサーサイト
表現
最近ますます読書熱があがってます


次は「運命の人」山崎豊子さんの本。
4巻まであった。。
読み応えあり。
っていうかウィキペディアで調べたら
山崎さん87歳やって。
めちゃびっくり。


昨日やっと読み終えた。
政府、外務省、ジャーナリズム、新聞
、裁判、そして沖縄。
今まで苦手で内情もよく分からない分野ばかりで
正直全部を理解するのは無理だった。。。



それでも興味を持てただけでもよかった。
これからもこういう本はもっと読みたい。
きっとニュースももっと見るようになるだろうし
今まで興味なく通り過ぎてたことにも
反応できるようになるだろう。



それが嬉しくて挑戦してよかったと思った。


ストーリーはちょっとドキュメンタリーぽいので
いまいちドラマ性がないなと思った。
著者の取材の成果だという感じ。
それに加えて登場人物を仕上げてほしかったなぁ
「小説」なんだから。



次何読もうかなぁ
ちょっと重いテーマじゃないと物足りないかも。
でも深いテーマをちょいちょいつまむのもな。
かといって勉強するわけにもいかないし。。
勉強不足だなぁ



といいつつ次の本を探しています。



でも見つからないのでDVDを見ました。



「ボックス!」
小説で先に読んでいたものが映画化されたもの。
高校生のボクシングの映画。
主演は市原隼人君!



最近思うのが活字と映像の表現。
最近小説が原作のものが多いので
私も小説を先に読んでから映画を見る機会が多い。
逆もあるけど。


そのとき感じるのが
活字であれだけ表現されていた部分が
映像になるとスルーしちゃうくらいの軽さになっているような気がするということ。
景色の説明やそのシーンの裏付けとか
そのときの人物の気持ちとか
やっぱり活字で全部あらわされると自分の感覚で全部想像して
実感できる。



でも映像となると言葉では説明がないから
そのときに想像するしかない。
それがうまく表現されてないのか
私の想像力が足りないのか分からないけど
もったいないなぁという気がする。



それかやっぱり映像は映像としての表現を
するべきで
映画も原作どおりじゃなくって映画として成り立つ
脚本から作るべきだと思う。
多少内容が変わったっていいから映画用にしたら
いいのにな。



もったいないよ



明日からまた仕事かぁ
もういやだ
やめたい


解放されたい


ストレスから自由になりたい



不安や心配、おびえから
解放されたい



自分の足で歩きたい




ポップザウルス
ついにやってくれました!!


ミスチル

ベストアルバム発売!!!!



待ってました。


もしやもうベストは出さないのかなと
心配になったりもしました。



でもやっぱりやってくれました。



思えば前も10周年で出したから
まぁ10年ペース(果てしないなぁ)だから
いいのか。



肉ベスト骨ベストは聴きつくしました。
やっぱり一番聴いてるかな
他のアルバムも全部大好きだし
ベストに入ってない曲で大好きな
曲もたくさんあるけど
やはり。



初めて聴いて衝撃を受けた骨ベスト。
一番思い入れがあるかなぁやっぱり。
ほんまにびっくりした。
それまでのなかで一番衝撃的でした。
そこから首ったけなのです。



次のベストには何が入っているのかなー
楽しみだなぁ
予測しちゃうなぁ
シングル以外に何が入るのかが
とってもとっても気になる。



これとこれとこれが入っててほしいなぁとか
やっぱこれ?とか
色々今から考えてわくわくしているところです。


ジャケットも楽しみだし



そしてやっぱりツアーでしょ!!!




昨年行けなかった恨みを晴らす時がきた!




これにいけなかったら私は
何のためにミスチルファンでいるのかが
わからない




大阪ドームかな




それもポップザウルスという前回と同じタイトル。
センスよすぎる
っていうかポップザウルスて改めて考えたら
ものすごいタイトルだよ
ミスチルにしかつけられない
かっこいい
自信たっぷりで




そういうのがほしかった
っていうのをやってくれるところが
そしてそれ以上なところが
いつまでもはまる理由です




桜井さん
という人がいてよかったなぁ




ミスチルの音楽と会えてよかった




ということで
5月にベストが出るまでは
死んでも死にきれない!



というとりあえず興奮をはきだしたく
ブログに書きました




今日は寒いので早く家に帰りたいです。



お正月、短すぎた。。。
すでにもう現実。。。
これに慣れてはいけないのに。。


とりあえず箱根駅伝を堪能。
朝8時に起きて見る始末。
4年間柏原君を見ましたよ。
東洋大学強かった。
おめでとう。


なにげに私は9区の田中くんが好きだ。


昨年やおととしも出ていた選手を発見すると
嬉しくなる。
1年ぶりだけど結構覚えているものだ。


レギュラーをとるだけでも大変だろうに
悔しい思いをした選手もいっぱいいるだろう
その中で自分との戦いの中調子を合わせることのできた選手が
本番を走る。
それでも調子があがらずに失速しちゃうこともある
走ってみないと分からない


逆にのっちゃって区間記録更新をする選手もいる
というか近年みんな大失速!みたいなのがない。
調整をするのが上手になってるんだろうなぁ



それからスラムダンクを再読。
世界一傑作だ。あれは。
何度読んでも笑えるところは笑っちゃうし
泣けるとこは泣いちゃう。
夢中になっちゃう。
選手の気持ちがとってもリアルで心打たれる。


でもフンフンディフェンスとか(笑)、
ユニフォームひっぱってリバウンドとるとか
ありえないところもあるのがよりユニークです。


いやぁよかった
桜木花道天才やん
ゴリとの絆が大好き
リョータとの友情が好き
ミッチーそのものが好き(笑)でも花道に対するミッチーもいい!
最後の流川君とのハイタッチとそのあと先輩3人が飛びかかって抱き合うところが
世界一好きです。



そして今また傑作小説を見つけました。
浅田次郎「壬生義士伝」。
新撰組にいた吉村貫一郎を主人公に武士としての義に生きた姿を
描く。
のぼうの城以来の時代小説。
あれ以来ちょっとだけ時代小説への警戒が解けたのです。



でも冒頭すごい訛り言葉での始りで全然意味分からなくて
いきなりくじけそうになったけど
不思議なことに慣れたら大丈夫。
それどころか愛嬌があって人間らしくて好きになった。
思わず自分のもなまってしまいそう(汗


とにかくはまった。
主人公の思いがとっても胸にきます。
妻子を守り抜こうとする人間として本当に素晴らしい武士。
周りもそれをちゃんと分かっていて周りの気持ちにも心打たれる。
身分違いの親友との悲しい結末に泣ける。
立派になった息子に心打たれる。
主人公と親友の息子同士も親友でこれまた親に生き映しで
また泣ける。


なんとも言い表しがたいので読んでほしい。



新撰組については大河ドラマをまぁまぁ見ていたので
隊士の名前ぐらいはちょっと分かる。
歴史の流れについてはちょっと難しいけどなんとか分かる。



まだ読んでる途中だけど今日一気読みしよう。



この小説はドラマと映画になっているらしい。
ドラマでは渡辺謙が主演です。
うーんなかなかぴったり。
見ようかなぁ



浅田次郎ってやっぱすごいわ。
今この年になってこういう作品を読んでよかった。
何年か前いくらか作品を読んだけど
そのときこれも読んでいたらやっぱり分からなかったと思う。
今も全部は理解しきれないけど
これだけ感動するものに出会えるなんて
よかったと思う。



すごいなぁ
人を人の心を動かす、揺らす、そういうことができるなんて。
その動きや揺れが
ちょっとずつでも私をどこかに導いてくれるかな
期待してない
けど
自分の中に残ってほしいと思う。
いっときかぎりではなく。



まだまだきっと衝撃をくれる本や音楽や絵とか
映画があるんだろうなぁ



出会うべくして出会えますように



結婚相手も(笑)
来年の夢
昨日やっと仕事おさまりました。
夜中の1時までかかったけど・・・
なんとか無事に終わったという感じも得れて
今日は朝寝坊。
久しぶりに朝寝坊できた!
1年ぶりくらい??


今日は昼から部屋の大掃除。
捨てまくり。
まだ途中だけど今休憩。


久しぶりにアジカンを聴いたら
パンチがきいていて掃除が進む。
確か昨年もそうやった。
アジカン2回聞いてつぎサザンみたいな。
全く同じ趣味です。
私って変わってないな



明日実家に帰ります
結局大みそかになっちゃった。。。
夜はDVD見よう
とっといた「パレード」。
小説すごい衝撃的に面白かったから
映画も楽しみ。
キャストがみんなぴったり。
小出恵介くんが出てるし♪


本は久しぶりに浅田次郎を読んだ。
「王妃の館」や「きんぴか」シリーズが大好きで
あと「プリズンホテル」も。
ユニークな作品が好きだけどそれは読みつくしちゃったので
今回は「シェエラザード」をよんだ。



戦争の話。
日本が戦争に負けるときに
なんとかしようと的外れに中国の銀行にお金を集めようと
客船だった弥勒丸という豪華客船に金塊をのせて
表向きは捕虜の物資を運ぶという役目として
敵から攻撃を受けないという安全権を持って
航海するというお話。



結局は裏の目的も敵にもろばれていて沈んでしまう船。
それまでに戦争という大きな狂気の中で
なんとか大切な人を守ろうとした人
何も知らされていないけど推測してなんとか船を救おうとした人
沈むことが決まった時点でも誇りを失わず堂々と航海を続けた船員たち。
とってもとっても人間らしいひとりひとりの物語があった。
それが戦争という大きなものに巻き込まれてしまった悲劇。
涙が出た。


戦争ものは基本的に苦手だ。
怖いし、体験を全くしていない私のとるにたりない想像でも
とっても怖いからだ。
でもきっとみんな戦争は嫌っていたはず。
ひとりひとりはそう思っているのに
きっと敵の人たちだってそうなのに
どうして国という大きな単位となると
戦争になってしまうのだろう。
やはり死ぬのはひとりひとりの大勢の人間なのに。



戦争なんてくだらない。
震災の方がよほど怖い。
そして人間は震災とかの恐怖の方に立ち向かっていくべきで
同じ人間に立ち向かう必要はないはず。
素晴らしい文化を分かちあえるはずなのに。


という風に私が想っても
浅はかなんだろうけど。
普通にそう思うよ。



今年は振り返りたくないなぁ
やめよう



来年は仕事やめたいなぁ
新しい生活がしたい。
もっとやりたいことがある。
仕事に占領されたくない。



とりあえず
実家でスラムダンク全巻よもう!
寝て
食べて
寝て寝て寝まくってやる!



会社の忘年会では
2時間で日本酒でつぶれてしまった。。。
情けない。
長い夜を高いテンションで臨まなければ
やってられないと思い、
カパカパ飲んでたらあっけなく撃沈。



記憶もあまりない。。。。
とりあえずトイレや道路でゲロしまくったらしい。
ちょっと覚えてる。
色んな人に背中をさすってもらってた(汗)


マネージャーにかつがれ
家に送ってもらったら
鍵がなく
仕方なく同期の子の家に
かつぎこまれて
そのまま朝まで寝ました。


まぁぐっすり寝れたからいいか(笑)



次の日は先輩の家でカレーパーティーをした。
グリーンカレー、キーマカレー、シーフードカレーという
シェフ並みの腕前で豪華な3種類のカレーを作ってくれて
玄米のごはんとナン(粉から手づくり)で食べました♪


もちろんノンアルコール(笑)



おいしかった。
当然のようにそこで眠くなり
泊めてもらいました(笑)



先輩の家には猫が3匹いて
寝てる間手をかまれたり(笑)
背中を歩かれたりしてましたが
まぁ熟睡。



とりあえずよかった。



来年はap bank fesと
ミスチルのライブは行きたいなぁ
今年行けなかったから・・・
桜井さんに会いたいよ。。。



来年もさらなる名曲を期待!
魅力あふれる素敵な声に期待。


数々のイケメン俳優たちと
巧妙な構成による素晴らしい作品を残す小説家たちに
期待して
感性を磨こうと思います。


新しいことしたいな







家族ができますように!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。